Slider

大阪での医師転職において医療事情を把握することの重要性

小さな府内に医療機能が集約されている大阪

大阪府は、関西でもっとも多くの医師が勤務している都道府県です。
医学部のある大学が5つ存在し、修学支援金等貸与事業が充実していることもあり、そのまま地元での就職を考える学生が多いでしょう。

医療機関数も多く、街中には大病院が乱立しています。
医師にとって、一度は働いてみたい、素晴らしい技術を持った医師や、最先端の医療器械なども、豊富に取り揃えられているでしょう。

その一方で、中心地域である大阪市には、非常に多くの医師が勤めており、活気があるにも関わらず、少し地方へ足を延ばしてみると、深刻な医師不足が見られる、医師の偏在状態が見られます。

小さな地域に医療機関が密集しているため、患者側も、遠方から都市部へ足を運ばざるを得ないという状況になっているのです。
2008年には、6つの病院が医師不足を理由に救急医療から撤退するなど、都市部以外の医療機関で早急な医師不足対策が求められています。

大阪府では科目の偏在も重要な課題です。
小児科は医師数が増加しているものの、内科、外科、産婦人科の医師数は減少傾向にあり、今後を不安視する声が後を絶ちません。

 

医療事情について把握することで需要の高い求人を判別できる

医師転職を成功させるためには、まずは地域の医療事情へ目を向けましょう。
前述した通り、一見豊富な医師数を保っているように見える大阪府も、地方は深刻な医師不足で悩んでいます。

地域によって、必要としている医師の科目が違うため、先生方も持つスキルを最大限に生かすためにも、まずは情報収集が必要でしょう。

医師の需要を確かめることで、今よりも好条件で、高い地位を獲得できたり、重要な仕事を任せられたり、といったメリットがあります。

事実、全国的な必要医師数ランキングでは、大阪府は43位と、それほど医師不足に悩まされていないように見えます。
しかし、フタを空けてみると、全国一求人している医師数が多いなど、目に見えない部分で問題が起きているのです。

医師転職をお考えの場合は、このような詳細な医療事情に加え、

「今よりも良い収入の医療機関へ転職を考えている」
「院長職や管理職を目指している」
「地域密着で、やりがいを感じられる医療機関で働きたい」

など、転職の理由を明確にしておくことを、おすすめしています。
事前に転職の目的を絞っておくことで、より自分に合った転職先を見つけることが可能となります。

 

当サイトでは大阪の医療事情・医師転職に役立つ情報を紹介

大阪府の医療機関が抱える「今」を把握したい。
そうお考えでしたら、是非当サイトの情報へ目を向けてみて下さい。

大阪府の医療状況に詳しい医療コンサルタントが、確かな知識を元に、先生方に必ず役立てて頂ける情報を提供しております。

大阪府や自治体ごとの取り組みや、医学部のある大学、医師を求める医療機関からの情報、各メディアの報道、ブラック病院の情報などを逐一チェックしながら、より良い転職先と出会えるよう、サポートして参ります。

さらに、地域医療支援センターの機能や、医師のキャリア形成、医院開業ロードマップ、医療機関の老朽化問題など、具体的な背策についても、詳しく触れていくため、必ず転職へ生かすことができます。

全国的に見ても医師不足問題は深刻であり、あと10年後までこの状態は続くと言われている現状ですが、逆に言えば、2028年までが良い転職先を見つけるチャンスでもあります。

大阪府の現状を知っておくことで、将来医師過剰状態が来た場合も、問題なく乗り越えられる、安定先した転職先を見つけることが可能となります。

この転職が、心から満足のいく内容となり、最後の転職だと断言できるよう、大阪の医療現場についての正しい知識を、手に入れていきましょう。