やまびこ歯科医院のご案内

インプラント治療

インプラント

インプラントとは、チタンという人体にとってアレルギーの少ない金属でできた人工歯根のことをいいます。これを顎の骨に固定します。ものがよくかめるようになったり、見た目が回復します。また、入れ歯の固定装置にもなります。

インプラントCGF・AFG治療
即時荷重インプラント


一般治療

一般治療

予防治療

単なるお口のお掃除だけでなく、虫歯の原因をなる細菌の量を測定し、菌を減らす治療を行います。虫歯菌の数を減らすことによって虫歯になりづらい歯になります。
予防歯科について


歯周病治療

歯ぐきの検査を行い、汚れを掃除や歯磨き指導を行います。また、ご希望や場合によっては、歯槽膿漏菌の量を検査し、菌数を減らす治療や、外科的な手術も行います。


一般治療

義歯治療

当院で製作する義歯は、保険の普通の義歯でも、丁寧に製作しております。ですから、低料金で痛みが少なく、ものがよくかめる義歯を提供することが可能です。
※保険の義歯は使う材料に限界があるため、違和感を少なくすることは、難しいです。ですから、もしもそれを希望される場合、残念ながら自費治療となってしまうことがあります。


歯の根の治療

歯の根の治療は、例えるならば、マンションや家を建てるときの基礎工事のようなものです。どんなに外見のよい銀歯や差し歯であっても、歯の根の治療がしっかりとされていなければ、後々重大な結果を招く原因になります。
しかし、見た目では判断できず、痛みもあまり感じない場合が多いために、残念ながら手遅れになるまで進行することもあります。


レントゲン写真

これは下の奥歯に膿がたまった状態のレントゲンです。周囲に比べ、ぼんやりと黒くなっており根と根の間の部分にまで達していることが分かります。
これくらい大きな膿がたまっているにもかかわらず、何となく違和感がある程度の状態でした。レントゲン写真を撮り、確認した結果、発見されたものです。

このように、ご自身では、あまり気が付かなくとも、歯の根に膿がたまっていることは、けっして珍しいことではありません。慢性化してしまったために、ご自身に痛みは無かったのでしょう。 歯の根に膿がたまってしまう原因は、(1)中に入っているお薬が古くなった、(2)歯の根の先まで薬が十分に入っていない、(3)治療中に歯の根の中に唾液やバイ菌が入ってしまった、 などが考えられます。


レントゲン写真

これは、当院にて、その歯の根と周囲の歯ぐきを掃除し、2ヶ月後に新しいお薬を入れ、レントゲン写真にて確認したものです。
周囲の膿が小さくなり、改善したことが分かります。お薬も歯の根の先まで入っています。
これだけ回復すれば、歯の根の上に銀歯や白い歯でかぶせものをしても大丈夫でしょう。


小児歯科治療

小児歯科

従来の治療ですと、虫歯を削って白いプラスチックを詰め物を行う方法が主流でした。しかし、最近では削らずフッ素などの虫歯進行止めの薬を塗り、様子をみるほうが良い場合が多いことが分かってきました。理由は、子供の歯は大人の歯と違って弱く、詰め物と歯の境目からまた虫歯になりやすいためです。当院も、このようなケアを行っておりますが、ほとんど問題ありません。※全ての場合に当てはまるわけではありません。


その他

矯正治療  全体の6〜8割は、歯を抜かないと治らないと言われております。治療に関してはお気軽にご相談ください。


このページのトップに戻る


やまびこ歯科医院は、神奈川県横浜市緑区・白山・竹山以外に
都筑区、旭区、港北区、青葉区、保土ヶ谷区、神奈川区、鶴見区、西区、中区、栄区、泉区、瀬谷区、磯子区、
南区、戸塚区、港南区、川崎市、相模原市、大和市、東京都町田市からも患者さんがいらしております。
ホームページ制作:まるごとオフィス
サイトマップ