やまびこ歯科医院のご案内

 

インプラントのレントゲン写真

レントゲン写真

After写真の右隅に、インプラントが入っているのが分かります。


インプラント治療の途中経過

これは、うわあご(上顎)のレントゲン写真です。ご覧になって頂くとお分かりになりますが、歯が失われた部分の骨の厚みがあまりありません。 このように、うわあご(上顎)において骨の厚みが薄い場合がよく見られます。ここに、鼻の穴の中の空洞(上顎洞)が存在するためです。では、このように骨の厚みが少ない場合、どのようにインプラントを入れるのでしょうか?


レントゲン写真

これは、写真1の状態から骨をつくる材料を入れ、厚みを増やした状態です。これくらい十分な厚みをつくれば、インプラントを入れることも簡単です。


レントゲン写真

これは、写真2からインプラントを入れた状態です。このような手術は多くの場合、入院することもなく、だいたい1時間くらいで終わります。


※骨をつくる材料は、人体にきわめて順応しやすく、アレルギーなどは全く生じません。ご安心下さい。

インプラント症例集

1.全身麻酔下にて古いインプラントを撤去し、新しくインプラント埋入した症例

数年前、某歯科医院にてインプラント治療を受けるも、
上の被せ物が壊れたため噛めなくなり、当院にいらっしゃいました。

インプラントの周囲には炎症があったことと、手術が困難になることが予想されたため、全身麻酔下にて撤去しました。(術者:横浜労災病院歯科口腔外科、馬杉先生)
これが撤去したインプラントです。
撤去して1ヶ月後に、当院にて新しいインプラントを埋入しました。

更にその2ヶ月後に型どりを行い、新しい被せ物を装着し、噛めるようになりました。


撤去前レントゲン写真

撤去後レントゲン写真

新インプラント埋入後レントゲン写真


2.審美的な改善を行った症例

このように大きな入れ歯が入っておりました。
入れ歯に違和感があったため、ブリッジかインプラントを勧めたところ、インプラントを希望されました。
2本のインプラントを埋入しました。
顎の大きさが小さかったため、意図的に歯(側切歯)を1本減らした状態で、差し歯をかぶせましたが、それ程目立たず、審美的に改善され、入れ歯による違和感も無くなりました。


3.骨の厚みが1mm未満の部位にインプラントを埋入した症例

このレントゲン写真は、うわあごの奥です。場所によっては骨の厚みが1mm未満です。まるで玉子の殻のように薄いです。インプラントを埋入する条件としては極めて厳しい場所です。
鼻の穴の粘膜を破かないよう慎重に骨のかわりになる薬を入れた後、インプラントを3本埋入しました。昔は、ここまで骨が薄い所にインプラントを埋入する際、「サイナスリフト」という顔がもの凄く腫れる手術を行うか、位置をずらしてインプラントを斜めに無理矢理埋入する方法しかありませんでした。しかし、インプラント自体や手術の技術が進歩したことにより、顔もほとんど腫れず、短時間にこのような埋入手術を行うことが可能となりました。一番左端のインプラントは、初期固定が全く得られず鼻の穴に落ちる危険性があったため、大きめのネジ(アンブレラーカバースクリュー)をかぶせました。
半年後に骨とインプラントがくっついたため、かぶせものを装着してかめるようになりました。


4.多数のインプラントを埋入した症例

インプラント初診時

左上奥歯と、右下奥歯が欠損し、噛める所が前歯だけになっていました。そのため、前歯はグラグラしており、接着剤(上下犬歯部付近で糊の様に白っぽく見えるものが接着剤です)で無理矢理固定されていました。典型的な「すれちがい咬合」の状態です。患者さんは、ごはんがうまく食べられないと訴えておりました。



インプラント埋入時
上あごに6本、下あごに3本のインプラントを埋入しました。
インプラントの上に差し歯をかぶせて噛めるようになりました。
差し歯の上の部分には、ネジ穴があります(スクリューリテイニング)。
これは何か不具合が生じた際に、すぐに外す事が出来る目的でこのような構造にしております。
特にこのケースの場合、多数のインプラントの中に少数の天然歯が存在すると、天然歯に不具合が生じる場合が想定されます。


インプラント5年後

歯ぐきは綺麗なピンク色で炎症症状は無く、清掃状態もコントロールされております。また、歯ぐきが痩せたり、メタルカラーが露出する現象も見られません。患者さんは、ごはんが美味しく食べられると満足しております。



5.重度の歯周病を伴った歯への抜歯即時埋入

左側上顎犬歯の写真です。歯根破折し、根尖及び根側に重度の病巣がみられ、近心側の骨が大きく楔(クサビ)状にえぐられております。抜歯即時埋入の必要条件の基準に「歯根周囲に病巣が無い状態」を挙げる考え方があります。しかし、私の考えは、違います。この程度の病巣でしたら、むしろ抜歯即時埋入を積極的に行った方が有利であると考えます。
抜歯後、完璧に不良肉芽を取り除き、鼻腔底ギリギリまで深めにドリリングを行います。
インプラント(φ3.75 13mm)を埋入し、骨補填剤とCGF(成長因子剤)を混ぜ、埋入したインプラント周囲の骨欠損部位へ補填します。
インプラントが骨とインテグレーション(骨とインプラントがくっつく意味)し、上部構造を装着した状態です。骨欠損部へ充填した骨補填剤は、骨様化していることが推測されます。


6.前歯部にインプラントを埋入し、審美的に改善した症例

初診時です。顔の正中線と前歯の正中が、ずれています。
←抜歯した状態です。
同時にドリリングを行い、インプラントを埋入します。
埋入直後のレントゲン写真です。
左右上顎側切歯相当部にφ3.25mm、長さ13mmのインプラントを埋入し、抜歯窩とインプラントのギャップにCGFを填入しました。
←抜去歯牙です。齲蝕によって破折しておりました。
埋入3ヶ月後、インプラントが骨とくっついたので、型を取り、差し歯を装着しました。
顔の正中線と歯の正中が一致し、審美的に回復した状態になりました。

このページのトップに戻る

インプラントQ&A

インプラントとは何ですか?

一般的にインプラントとは、チタンという人体にとってアレルギーの少ない金属でできた人工歯根のことをいいます。これを顎の骨に入れることによって、ものをかむ機能や見た目を回復させます。


インプラント治療は誰でもできますか?

多くの方は、可能です。しかし、顎の骨の量が極端に少ない場合や、メインテナンスのために通院できない方、その他、年齢等の全身的な問題から治療が行えない場合があります。


インプラントの利点・欠点は何ですか?

  1. 自分の歯のようにものが、かめる。
  2. 違和感がほとんど無い。
  3. 見た目が良くなる。
  4. 両隣りの歯を削る必要が無い。
  5. 入れ歯の固定源となり、入れ歯のガタつきを抑える。

デメリット
  1. 保険治療ではないので、費用が掛かる(1本だいたい30万円くらいです)。
  2. 保険治療に比べて治療期間が長くなることがある。
  3. 外科的な手術を行う必要がある。
  4. 極端に顎の骨が少ない場合や、その他医学的な理由から治療ができないことがある。
  5. 歯ぎしりが強い方は、おやすみの際にマウスピースを装着しなければならない場合がある。

手術に入院する必要は?また、治療期間はどのくらいですか?

ほとんどの場合、必要ありません。また、治療期間は各個人のお口の状態にもよって異なりますが、4〜12ヶ月程度かかります。


インプラントの手術は安全ですか?

手術の前に検査を行いますので、ほとんど問題ありません。また、もしも検査の結果、手術が困難である場合、事前に説明があります。


痛みや腫れはありますか?

手術中は麻酔をしますので、痛みはありません。麻酔が切れてから、多少の痛みと腫れが出る場合があります。


歯を抜いてからどれくらいの期間でインプラントの手術ができますか?

最近、インプラント技術や概念が飛躍的に進歩したため、歯を抜いて同時にインプラント手術を行う方が有利な場合が多いです。理由は、歯を抜いて時間が経つと、インプラントを支えるために必要な顎の骨がとけてしまうからです。しかし、これも全てに当てはまるわけではなく、3〜6ヶ月間待つ場合もあります。


インプラントをあごの骨に入れた後、体に影響はありますか?

一般的には、人体に問題はありません。しかし、メインテナンスやお掃除を怠った場合、炎症が起こり、撤去する可能性も考えられます。また、きわめて稀ですが、個人の体質とインプラントとの相性が合わず、撤去する場合もあります。


インプラントの治療は何歳でも可能ですか?

だいたい、20歳前後から可能と言われております。また、医学的に問題が無ければ、特に年齢の上限はありません。


事故が原因で歯を失った場合、インプラントで治せますか?

多くの場合、治せます。
むしろ、虫歯や歯槽膿漏で歯を失うよりも治せる場合が多いです。


インプラント治療を受けると、どのくらいものが噛めるようになりますか?

多くの場合、自分の歯と同じくらい、かめるようになります。また、インプラントを入れ歯の固定源にした場合、入れ歯がガタガタするのを抑えるため、かみやすくなります。


インプラントはどれくらいもちますか?

メインテナンスのための通院やご家庭でもお掃除を怠らなければ、長期的にもちます。ただし、かみ合わせの関係から、数年〜数十年に一度、インプラントの上に付いている装置を調整したり交換したりすることがあります。


インプラントを埋入したその日に歯を入れることは可能ですか?

ケースによっては、可能です(即時荷重インプラント)。

細い釘のように見えるものは、暫間インプラントと呼ばれるインプラントで、本当のインプラントが骨とくっつくまでの間、この細いインプラントで柔らかいお食事を召し上がって頂きます。
本当のインプラントがくっついた後、暫間インプラントは簡単に撤去できます。


このページのトップに戻る


やまびこ歯科医院は、神奈川県横浜市緑区・白山・竹山以外に
都筑区、旭区、港北区、青葉区、保土ヶ谷区、神奈川区、鶴見区、西区、中区、栄区、泉区、瀬谷区、磯子区、
南区、戸塚区、港南区、川崎市、相模原市、大和市、東京都町田市からも患者さんがいらしております。
ホームページ制作:まるごとオフィス
サイトマップ