Slider

転職を検討する全ての医師へ―医師転職成功の秘訣と失敗事例

転職前に転職の理由や目的をはっきりさせることが重要

医師の転職を成功させるためには、将来を見据えた明確なビジョンが必要となります。
ただ漠然と、変化を求めるだけでは、理想の病院との巡り合いが遠のいてしまうでしょう。

目的や希望、待遇などを具体的にすることで、コンサルタントやエージェントからも良い提案を受け取ることができます。
軽率に転職先を決めてしまい、後悔する医師も少なくありません。

転職を繰り返す悪循環に突入しないよう、「何を求めての転職であるのか」「今後、どのような医師像を目指したいのか」を、まずは確認していきましょう

 

医師転職の失敗例

転職動機を明確にすることが、活動の第一歩とお話しましたが、ここでは、このファーストステップを軽視してしまった先生が陥ってしまった、2つの失敗例をご紹介いたします。

知人の紹介で、病院の詳細を知る前に決定してしまった

医師の転職では、知人医師や医局に転職先を紹介してもらうスタイルが珍しくありません。
知人に仲介して貰うことで、面倒な情報収集や手続き等を省くことができるため、早く転職先が見つかるでしょう。

しかし、「紹介された病院」を、無条件に信用するのは賢明でありません。
実際に調べてみると、「離職率が高い」「患者、職員からの評判が悪い」「事前に聞いていた条件が、事実と異なる」など、ブラック病院の特徴が浮き彫りになったという話も、よく耳にします。

さらに、知人を介しての転職には、「紹介してもらった手前、退職しにくい」という、大きなデメリットが伴います。

また、「口約束だけで、書面による契約を省いてしまった」「断ったら、その後の人間関係に支障が出た」といった話も、よく聞くトラブルです。

転職では、紹介者や病院側が提示した情報が、全てでないと心得、安易に返事をしてしまう前に今一度、自分自身で調査を行っておくと安心でしょう。

 

高収入に惹かれ即決してしまった

転職の条件に、「収入アップ」を掲げる先生が非常に多くみられます。
報酬は、もちろん明確な目的ですが、数字だけで判断してしまうのは、おすすめできません。

通常の域を超えた、高い報酬や恵まれた待遇には、まず疑問を抱いてみましょう。
その対価として、過酷な勤務が待っていると可能性が高くなります。

「事前に聞かされていなかった業務も、課せられる」「希望が通らない」「それ以上の昇給が望めない」「人間関係が悪い」など、劣悪な実態が潜んでいる場合もあるでしょう。
給与額に限らず他の条件でも、紙上に羅列された言葉だけを判断基準とみなすのは危険です。

転職を成功させるためには、様々な条件を総合的に判断し、検討する必要があります。

この作業を行っておくことで「給料が高すぎる」「詳細が書かれていない」といったの不自然な個所に気付いた際に、その部分について追及できます。

 

必ず病院を訪れたり、労働条件をチェックすること

転職活動は、多忙な先生にとって時間も体力も必要な仕事です。
そのため、できるだけ簡単に、短期間で行いたいと願うのは当然のことです。

しかしその結果、知人の紹介を頼ったり、求人サイトに提示された情報を鵜呑みにして、安易に決めてしまったり、というのは得策ではありません。

失敗例を避けるためにも、情報収集を徹底しましょう。
自分で集められない情報は、医療関係に詳しいコンサルタントなどを積極的に利用することで、検討中の勤務先の実態を知ることができます。

転職の目的をはっきりさせ、面談や電話、メールのやりとりなどを通じて、納得のいく条件が出るまで、担当者と何度も話し合いましょう。
転職では、実際に病院を訪れ、雰囲気を知ることも大切です。

転職に成功した先生の声には、知人や医局へ相談、依存しない方が良い、と言う声も多く聞かれます。
人間関係を気にせず、自由な決断を行うためにも、転職は個人の責任で行うのが正解です。