Slider

大阪で開業したい医師必見―大阪での診療所・医師開業について

人口10万人あたりの診療所数は全国平均を大きく上回る大阪

現在、大阪の医療機関で働いている先生の中には、将来の開業を考えている方も多いでしょう。
大阪府は、人口10万人あたりの診療所数が、全国平均を大きく上回っている地域です。

総合病院や大病院を好むのではなく、できれば近くの診療所を利用したい、という府民性が見え隠れしている結果とも言えます。

すでに数多くの医療機関が乱立している大阪府のため、開業するまでにたくさんの経験を積んだ方が良い、と考えがちですが、開業に成功した方に話を聞いてみると、体力があり、フットワークの軽い10年目~15年目くらいが向いているという声が多く聞かれます。

そのため、開業の二文字が頭に浮かんだら、できるだけ早く動き出すと良いでしょう。

人情に厚い大阪府では、頑張っている医師を地元住民が応援してくれる例が非常に多い地域です。

そのため、高額な設備を多く投入するなどの方法で爆発的な集患を目指すより、最低限の設備であっても真摯にコツコツ取り組む方が、人気クリニックとなるケースが多いようです。

多くの診療所の中で生き残るには特色を打ち出す必要

大阪府で開業を目指す場合、多数の先輩ライバルの中に飛び込んでいくことになります。
そこで必要なのが、自分の得意とする科目を明確にしておくことです。

仮に内科で勝負をしたい場合は、一般的な診療だけでなく、専門外来を置くことで、他診療所との違いをアピールすることができます。

すでに開業している同じ科目の診療所が少ない地域を選ぶのはもちろんですが、それだけでなく、ライバルとなる診療所の医師にまで目を向けることが重要です。

跡継ぎのいない、年配医師が多い地域では、今後の地域医療の担い手として、大きな期待を寄せられる存在となれます。

一から開業する場合は、メインとなるであろう患者さんの年代をチェックしておくことも大切です。

年配の患者さんが多い場合は、足腰が悪くても座りやすい椅子や、杖置き場などのある待合室の設置を、家族連れが多い場合はキッズスペースの用意や、若い世代に好まれる看板デザインといった風に、近くに立ち寄ったり、足を踏み入れたりしてからの印象が良い外装や内装まで計算しておくと、成功が近づきます。

 

関西での開業をサポートする「医院開業ロードマップ」とは

大阪府をはじめとする、関西での医院開業を考えている場合に便利なのが「医院開業ロードマップ」です。
開業総合コンサルタントとして、成功できる開業へ向け、を徹底的なサポートが受けられます。

「医院開業ロードマップ」の利用で、成功が近づくのには、理由があります。
それが、開業コンサルタントだけでなく税理士や社会保険労務士、設計事務所、検査センターのプロ集団が、一丸となって、一つの開業へ注力してくれるという点です。

サイトには、数多くの医院開業物件が紹介されていたり、定期的な医院開業セミナーが行われていたりするため、開業を視野に入れ始めたら、まずはチェックしてみてください。

新規開業物件だけでなく、敬称開業物件も豊富に用意されているため、地域の患者をそのまま受け継ぎ、安定した経営を行うことも可能です。

「医院開業ロードマップ」は、地域医療への貢献を掲げているため、「開業する地域住民から広く愛され一緒に歩んで行ける」そんな、開業医にとっても、利用者にとっても理想の医院を開業できるでしょう。