Slider

紹介・転職サイトなど―医師転職の方法とそれぞれのメリットまとめ

知人の医師からの紹介で転職するメリット

転職したいと考えていても、現実問題、転職活動に割く時間がない先生が多いというのが現状です。
働きながらの転職活動は、ただでさえ忙しい先生方にとって、大きな負担となります。

一人で情報を集め、アポを取り、面接を迎えるまでには、多くの時間と労力を要するでしょう。

その点、医局や知人医師から転職先を紹介してもらう方法は、時間を大幅に短縮できます。
面倒な過程を省ける上、いわゆる「引き抜き人材」として、特別な好待遇で採用されるケースもあります。

このように、信頼できる「人脈」や「コネクション」がある場合は、有効に使うのも一つの手段でしょう。

 

紹介の場合はブラック病院に当たっても辞めにくいのが欠点

知人を介した医師転職は、好待遇、好報酬以外に大きなデメリットが伴うケースもあります。
第一に、勤務する際「紹介者の面目を保たなければ」という義務が発生します。

紹介先に気に入らなない点があった場合も「辞められない」「条件を要求しにくい」「不満が言えない」などの、不利益を被ることもあるでしょう。
また、甘い誘いは「ブラック病院の罠」である可能性もあるため、慎重に判断を下す必要があります。→ブラック病院を見極める方法とは?

 

転職サイトやエージェントを利用するメリット

前述したように、転職先の病院を知人に紹介してもらう方法には、多くのしがらみがあります。
このような人間関係や気遣いなく転職をするなら、転職サイトや転職エージェントを利用するという方法が最適でしょう。

医師転職サイトを利用すれば、希望条件と合致する病院を、簡単に、そして自由に選ぶことができます。

アドバイスや手厚いサポートが受けられる転職エージェントへ相談しながら話を進めるのも良いでしょう。

この場合、今現在の業務と並行しながら転職活動を行えるだけでなく、面倒な人間関係に悩まされる心配もありません。

 

悪質な転職サイトに登録しないように注意

企業や病院と同じく、転職サイトにも「ブラックサイト」が存在します。
「求人数・情報量が少ない」「サポートが不十分」「実績数が少ない」「エージェントが一方的」などの点に注意し、悪質サイトを見分けましょう。

個人情報の流出も懸念されますので、信頼できるサイトかどうかをしっかり見極めることが大切です。

一例ですが、求人数業界NO1を誇る「医師転職ドットコム」の場合、医師転職に精通したプロのエージェントが、転職活動のすべてをサポートしてくれます。

登録料は無料で、地域ごとの情報提供、交渉、面接までの段取り、円満退職へのアドバイスまで、安心して任せることのできるサイトです。

医師転職を成功させるカギは、「サイト選び」が握っていると言って過言ではありません。
運営元の信頼度、利用者からの評価なども参考にして、頼もしいサポーターを手に入れましょう。