Slider

大阪の医師求人の特徴・需要が高い科目と医師の偏在状況

大阪は幅広い種類の医師求人がある

大阪府の医師求人情報を見ていると、幅広い科目で募集が出ていることに気付きます。
そのため、大阪府はこれまで学んできた科目を生かした転職が考えやすい地域であると言えるでしょう。

病院数は全国3位を誇り、病床数の多い医療機関も非常に多いエリアです。
大規模な病院で自分の力を試したいと考えている先生にとって、大阪府にはこの上ない環境が用意されています。

都市部の場合は、深刻な医師不足ではないため、いきなり過酷な労働を強いられることなく、ゆったりと仕事に慣れられる点も人気の理由です。

逆に、医師の偏在に悩まされる地方勤務の場合は、好待遇で迎え入れられるチャンスが多い、と言うメリットがあるでしょう。

 

特に北部は医師に人気のエリア

大阪府で働きたい先生方から、特に人気となっているのが北部エリアです。
大阪市から兵庫の県境あたりまでの北西部には、医療機関数が多く、豊富な求人から転職先を探すことのできる地域となっています。

人気のあるエリアの一方、医師転職を成功させようと、多くの医師が求人情報をチェックしています。

良い案件は早く決まってしまう場合も多いため、医師転職情報に詳しいコンサルタントとタッグを組んで活動を行えるような、転職サイトの利用がお勧めです。

医師転職専門のコンサルタントは、各医療機関の担当者を繋がっていることが多く、収入面や勤務開始日など、幅広い面で融通を利かせることができます。

働きながら行うことの多い医師転職だからこそ、信頼のおけるパートナー選びが必須と言えるでしょう。

 

比較的医師は確保されているが、府内では地域による偏在が生じている

医師の数だけで見ると、しっかり確保されているように見える大阪府ですが、地域によっての偏在が顕著な地域です。

この問題を解決すべく、大阪府が舵を取り、様々な医師確保対策が行われていますが、まだまだ足りていないのが現状です。

ライバルの多い地域で働くのに疲れてしまった、という先生も少なくないと思いますが、そのようなお悩みを解決できる、働き心地の良い職場が多く用意されているのが、大阪府の偏在地域です。
高収入、好待遇で、全国のからの求人応募を望んでいる医療機関が多数存在しています。

近年、医師転職を考える際に、このような偏在地域を優先して求人活動を行う先生が増えています。

医師転職では、実際に就職希望の医療機関へ足を運び、雰囲気を確認することも大切ですが、求人倍率が高い医療機関ばかりを狙っていては、無駄足になってしまうケースが少なくありません。

短い期間で確実に転職を成功させるためにも、医師不足エリアへ注目が集まっています。

 

中河内医療圏・泉州医療圏の医師数は全国平均以下

それでは、大阪府で医師が少ないエリアはどこなのでしょうか?医師数で見てみると、現在中河内医療圏、泉州医療圏の医師数が、全国平均を割っていることが分かります。

このエリアの医師を確保すべく、大阪府が偏在解消へ乗り出しています。手当の充実や保育所の設置、交替勤務の導入など、働きやすい環境が次々と準備されているため、大阪府での医師転職を考えている場合は、是非候補に入れておきましょう。

これらの地域以外にも、自治体別に細かくみていくと、京都に近い北東部などでも医師が足りない地域が見受けられます。住みたい地域が決まっている場合は、そのエリアに近い医師不足のエリアをまずはチェックしてみましょう。

インターネット上でこれらの情報を見つけることは難しいため、医師転職専門のコンサルタントやエージェントへ相談するのが近道です。

 

需要が高い地域では必然的に医師への待遇も良い傾向

大阪府の求人を見てみると、全国平均よりも待遇が良いことに気付きます。
都市部はもちろん、医師不足で悩んでいる地域では、医師確保のために手厚い待遇を用意し、長く勤めてもらおうと奮起しています。

医師偏在が起きている地域は、物価が安い、人間が温かい、といったメリットもあります。
交通の便が良いため、地方へ住んでいたとしてもすぐに都市部へ足を運べたり、最寄りの空港から国内旅行や海外旅行を楽しんだり、といった都会的な生活ができる点も魅力です。

最初から都市部のみ、に絞ってしまうと思いがけない良い条件を逃してしまう可能性もあります。
地域だけでなく、医師として活躍したい場面を中心にしながら、転職活動を進めると失敗がありません。

 

専門的技術を持つ透析医の需要が特に高い

大阪府で、大きな問題となっているのが専門技術を持つ、透析医の不足です。
透析を必要としている患者は年々増えているにもかかわらず、医師数が追い付いていない状態が続いています。

このままでは現役医師への負担が大きくなるため、一刻も早い医師増員が求められています。
数年先まで、大阪での透析医不足は続くと予想されているため、現在別の科で働いている先生も、透析についての勉強を今から重ね、1年後、2年後に大阪府で透析医として活躍、という手段もあります。

今現在、透析に詳しい、透析医をしているが医師過剰状態、という先生にとっては、またとないチャンスです。

大阪の地で、培ってきた技術を余すことなく生かしてみませんか?
医療機関からも、患者からも歓迎される、幸せな医師生活が待っているでしょう。